むちうち

交通事故後遺障害を代表するものとしてむちうちによる障害があります。これはむちうちしてしまうことで痛みが残ってしまったり、しびれが残るという障害のことです。診断名としては頚椎捻挫や腰椎捻挫、あるいは外傷性頚部症候群と呼ばれることがあります。等級としては局部に頑固な神経症状を残すもの、あるいは局部に神経症状を残すものとして認定されることが多いです。前者は12級13号であり、後者は14級9号です。特に14級というのはすべての等級認定件数の半数以上を占めています。

むちうちの障害があることを訴えるためには他覚症状が重要です。他覚症状というのは実際に医師によって症状があることが確認されるのかということです。自覚症状だけでは出張を退けられる可能性があるのです。医学的に障害が残っていることを証明できるかどうかが争点となります。

もしむちうちになってしまったならば、できるだけ早く病院へ行くべきです。そうすることによって、そのむちうちは交通事故の被害によるものであると医師に証明してもらえます。さらにMRI画像やCTスキャンなどによって、他覚的所見によりむちうちの後遺障害を証明しましょう。そうすればしっかりと等級認定されるでしょう。

関連記事→
精神の後遺障害
下肢機能障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket