むちうちの後遺障害

むちうち

交通事故後遺障害を代表するものとしてむちうちによる障害があります。これはむちうちしてしまうことで痛みが残ってしまったり、しびれが残るという障害のことです。診断名としては頚椎捻挫や腰椎捻挫、あるいは外傷性頚部症候群と呼ばれることがあります。等級としては局部に頑固な神経症状を残すもの、あるいは局部に神経症状を残すものとして認定されることが多いです。前者は12級13号であり、後者は14級9号です。特に14級というのはすべての等級認定件数の半数以上を占めています。

むちうちの障害があることを訴えるためには他覚症状が重要です。他覚症状というのは実際に医師によって症状があることが確認されるのかということです。自覚症状だけでは出張を退けられる可能性があるのです。医学的に障害が残っていることを証明できるかどうかが争点となります。

もしむちうちになってしまったならば、できるだけ早く病院へ行くべきです。そうすることによって、そのむちうちは交通事故の被害によるものであると医師に証明してもらえます。さらにMRI画像やCTスキャンなどによって、他覚的所見によりむちうちの後遺障害を証明しましょう。そうすればしっかりと等級認定されるでしょう。

関連記事→
精神の後遺障害
下肢機能障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

精神の後遺障害

交通事故によって生じる障害というのは身体的なものだけとは限りません。精神的な後遺障害が残ってしまうことも少なくないでしょう。このような障害のことを非器質性精神障害といいます。さまざまな精神症状が規定されています。

うつ状態たとえば抑うつ状態です。これは鬱気分が持続してしまうことです。鬱気分というのは悲しかったり、寂しかったり、憂鬱だったり、絶望的になってしまう気持ちのことです。何もする気になれず、これまで楽しめたものも以前のように楽しめなくなる状態のことです。

不安の状態が後遺症として残ることもあります。強迫的な不安が生じてしまったり、心気症になってしまうこともあります。強い苦悩を示すこともあります。

意欲が低下してしまうこともあります。幻覚が見えてしまったり、妄想性の症状が出ることもあります。あるいは知的能力が低下してしまったり、記憶に障害が残ることもあります。

こちらのポイントとしては交通事故との因果関係をしっかりと証明しなければいけません。また、医学的に精神障害が残っていることを証明する必要があります。そのため、医師の判断が重要となります。症状固定については精神障害では難しいケースが多いです。そのため、精神障害については弁護士に相談をして主張した方が良いでしょう。

関連記事→
むちうちの後遺障害
下肢機能障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

下肢機能障害とは

交通事故の後遺障害の一つに下肢機能障害というものがあります。こちらはその名の通り下肢に生じる障害のことです。下肢というのは股関節と膝関節、足関節という3つの関節と足指のことです。この3つの関節は下肢3大関節と呼ばれます。そして、足指については後遺障害等級としてはまた別に扱われることになります。

下肢機能障害下肢機能障害というのは下肢の用が完全に廃した状態、あるいは関節の用を廃した状態、関節の機能に著しく障害が残ってしまった状態、関節の機能に障害が生じた状態のことです。下肢の用が全廃するというのは、3大関節がすべて強直してしあい、足指も用を廃してしまうという意味です。完全に関節が動かなくなってしまった状態と考えれば良いでしょう。

関節の用を廃するというのは、関節が硬直してしまったり、完全弛緩性麻痺やそれに近い状態になってしまうことです。その他の状態についても明確に定義されています。

これらについて細かく等級が定められているのが特徴となっています。それぞれの等級に応じて慰謝料が決定されます。より機能が失われている状態になるほど等級は高くなり、慰謝料の目安も高くなるのです。また、逸失利益を算定するための基礎の目安もあります。

関連記事→
むちうちの後遺障害
精神の後遺障害

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故で後遺障害

交通事故は被害者の人生を大きく変えてしまう可能性のあるものです。運が良ければ軽傷で済んだり、まったく無傷なケースもあります。しかし、最悪の場合には死亡してしまうことがあるのです。また、死亡しなかったとしても、後遺障害が残ってしまうことがあります。後遺障害というのは重い後遺症のことであり、交通事故を受けたあとに後遺症が残ったことによって、日常生活に支障が生じてしまうことです。たとえばこれまで通りに仕事ができなくなってしまうケースもあるのです。そうなってしまうと大変でしょう。

障害交通事故の被害を受けてしまうとさまざまな障害が残ってしまう可能性があります。それは全身のあらゆる部位に及んでしまうことがあるのです。さまざまな可能性があります。後遺障害にもいろいろな種類が存在しているのです。どのような障害が残ってしまったかによって、その人の人生に与える影響は大きく異なるでしょう。また、それにともなって慰謝料の額も変わってくるのです。後遺障害の種類によってはかなり高額な慰謝料が発生することもあります。

こちらでは後遺障害にはどのような種類があるのかを紹介しましょう。さまざまな障害があり、それぞれその人の生活に与える影響は大きく異なります。交通事故被害によって受ける後遺障害の種類は多様ですが、その中から代表的なものを紹介しましょう。交通事故というのはとても恐ろしいものであり、さまざまな被害を受ける可能性があるのです。

関連記事→
むちうちの後遺障害
精神の後遺障害
下肢機能障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket